肉食と菜食、意識が体にもたらす影響

Pocket

先日お会いした方に「お肉は食べられますか?」と聞かれました。

そっか、ヒーリングやってるからお肉食べないと思われてるよね。

 

最近はビーガン、ローフードなど若い人の間でも流行ってますし

お肉食べない人が増えましたよね。

 

 

でも私は食べます(*^▽^*)

 

私の周りのヒーラーさん、セラピストさん、スピリチャルなことをしている人たちも食べてるひと結構多いです。

もちろん、まったく食べない人もいますが。

 

 

私は好んで食べるわけではないので、焼き肉屋とかステーキ屋とかにいくことはほぼないです。

でも普段の食卓において家族もいますし、普通に食しています。

 

 

私の周りで食べてない人は、「お肉が自分に合わない、もしくは身体が欲してない」からです。

同じようにお酒を飲まなくなっていく人も多いですし、私も今ではお酒はほとんど飲みません(昔からは考えられないですが)

 

 

身体が欲しなくなる、自分に合わなくなってくるということはこれからも

どんどん起こってくることだと思います。

それはお肉に限らず、小麦や砂糖、穀類などもそうかもしれません。

 

 

でも「お肉は食べないほうがいい」という刷り込みや思い込みで我慢してるぐらいなら、ありがたくいただくほうがいいと思います。

ひとの意識って本当に関心しちゃうのですが、「悪いものだ」と思えば身体もそのように認識します。

逆を言えば、意識次第で身体に悪いと言われているものも、何も影響を与えないこともできます

 

 

昔、ある教授が話していたのですが

「僕は毎日卵を3つも食べるよ。みんなにはコレステロール値が高くなるからやめなさいって言われるけど、

血液検査でも正常値だよ。卵を食べるとコレステロール値が上がる!って思って食べてるからみんな高くなるんだよ。

ぼくはね、この黄色い卵を食べると太陽のエネルギーが体に入ってくるんだ!と思いながら食べてるからこんなに健康なんだよ」

 

 

当時はなるほどね~~!!!と衝撃でした。

ひとの意識でこんなにも身体への影響が変わるのかと。

 

 

そして実際に自分でも思い込みが体に影響を与えることを体験しました。

 

私はコーヒーが大好きで、でも体に良くないと思っていました。

コーヒーをすこし止めていた時に、ファミレスで選択肢がなくて、しかたなくコーヒーを注文しました。

罪悪感を持ったまま飲んだコーヒーは、なんと私の喉で止まって胃まで入っていかなかったんです。

 

 

驚きました。

その時の感覚は忘れられません。

 

 

「私に必要な栄養をコーヒーから採ります」と宣言したら、す~~っと身体が受け入れてくれました。

意識がこんなにも身体に反映してるなんてびっくりですよね(◎_◎;)

 

 

 

 

スピリチャルなことを学んでる人のなかには

「お肉は波動を落とす」「哺乳類は屠殺時の悲しみや憎しみのエネルギーが残りやすい」と言う理由でお肉を食べない人も多いです。

そう思っているから、その人にとってはそれが真実なんですよね。

 

 

でも身体にとって良いエネルギー(と思われているもの)しかとってないはずの人たちが

実は早くに亡くなられたり、病気になりやすかったりしているのは

本当に体に必要な栄養が取れてないのかもしれませんね。

 

 

かといって不食でプラーナ(気)だけで過ごしている人もいます。

必要なものはすべてプラーナから得られてるということと

すでに肉体がそれに対応して変化した人なのだと思います。

 

 

でもまだ肉体が変化していない人は無理に菜食にすることもしなくていいのかと思います。

 

頑なに拒否したり、偏った考え方や、他を否定するような意識よりも

バランスよくすべてを認め、中庸であることが大事なような気がします。

そして何より自分の体の声を聴く。

人の考えではなく、自分はどうしたいのか。

 

 

 

エスキモーの人たちは昔から生肉を食していますが長生きです。

彼らは極寒の地にいるのでフレッシュな野菜など摂取できません。

でも動物からすべての栄養をいただいています。感謝とともに。

 

日本のご長寿たちも「肉好き」の人が多いのは面白い事実ですよね。

 

 

 

お肉を推奨してるわけではないですよ(笑)

 

 

今の流通してる野菜では栄養が取りにくいんですね。

なぜかというと、原種のものからかなり品種改良されて「食べやすく」されてしまったから。

 

 

原種に近い野菜のままだと、それだけで栄養も十分だったのかもしれません。

でもいまはほとんど品種改良されたものや、さらには遺伝子を組み替えられたものです。

 

 

さらに植物が栄養源として取り入れている土壌じたいがだいぶ変わってしまった。

 

 

 

ヨギのようにプラーナを取り入れて生きていければいいのかもしれませんが

普通に生活してる私たちはもっと自分の体の声を聴いて

もっと思考を柔軟に、

言われていることを鵜呑みにせず、自分で考え

自分の意識に注意を向けることが大切だと思います。

 

 

 

お肉を食べたいけど、波動的に抵抗があるという人は

いただく前に「感謝する」ことをしてみてください。

 

 

私も調理時に感謝のお祈りをしたりします。

お料理が格段においしくなりますよ。

お肉だけでなく、すべてに使えます。

忙しいと忘れてしまいがちですが、たまに子供も気付くくらいの変化です。

 

 

そして我が家の娘二人ともお肉がもともと苦手な子たちでしたが

感謝の祈りをささげたお肉は「美味しい」と言って食べるようになりましたよ(*^▽^*)

 

 

どんな言葉でもいいです。

自分の中の感謝を伝えるだけでいいんです。

「ありがとう」を繰り返してもいいとおもいます。

 

 

 

そのほかにも

「私に必要なエネルギーを採ります」とか

「私に不要なエネルギーは採りません」とか言ってみるのもいいかもしれません(*^▽^*)

 

 

一番大事なことを言い忘れていましたが

「意図するところには必ずエネルギーが動きます」

 

 

だから私たちは思考や意識にもっと注意を向けなければならないんです。

 

 

べ物に対する 感謝や意図は

放射能汚染が気になる人にもおススメなので、トライしてみてくださいね♡

 

 

食するものはすべて美味しい♡って幸せな気持ちでいただきたいですね!!

 

甘いものをいっぱい食べて幸せ♡って言ってる自分を許してるわたしです(≧▽≦)

 

 

 

メルマガに登録していただくといろんな情報が

ご登録のアドレスに届きます↓

誰でも幸せに笑顔で生きるコツ★やたよしこからのメッセージ